◆ インド発祥の多弦胡弓「サーランギー(Sarangi)」類の話題を中心に、世界でここだけ前代未聞の怪研究・珍開発の数々を発信し続ける異常ブログです。同楽器取扱いの急先鋒にして生物学者や変態ケモナーとしても知られる異常造形作家【川崎ピースケが執筆運営しています。
研究テーマ:1)楽器「サーランギー属」、2)海のダンゴムシの仲間「水産等脚目甲殻類」、3)多肉・塊根・平行、栽培から造花まで「珍奇植物」、4)原材料・愛玩対象としての「羊」 、5)獣人表現「ケモナー」 、等を題材としたデザイン論と実践、特に生物型や生物利用の意味について。議題は多岐に渡り、追究の範疇としてエログロを含みます。* 近年(2)〜(5)の構想がだいぶ具現化したので、2023年から(1)の分野に戻りアプローチを再開できる運びとなりました。
★ 1記事内1主題の場合と、1記事上に短文加筆を重ねる【近業掬イ】(きんぎょうすくい)の場合がある。繁忙時はどうしても後者です。
★トップページには最新2〜3記事のみ表示。過去記事は【アーカイブ】で総覧できます。
★ YouTubeなど外部埋め込みがクソ多い記事は、お使いのクソ環境によって読み込みにクソ時間がかかります。クソしてお待ちくださいませ。


X旧Twitter連携アーカイブ『ヘラームスはお好き』穿孔性コツブムシ編

甲殻類の勉強はしばらく休んで楽器修理を…と思っていたのだのに、 甲殻類の勉強はX旧ツイッターにきっといるだろう識者に教えてもらお…と思っていたのだのに、なんだよう結局、俺が知りたい甲殻類の生態は俺のほうが詳しいんじゃねーかと判明し、 結局俺がX…

祝!! ”圓”制撤廃 !! 錆びし刀の負ーケター…寂し斜陽の西武劇…の話

まず楽器の進捗から。なにせ天気が良かったり良くなかったりでね。 いま複数台を同時進行に、胴皮をバンバン張ってるところ。 ただ"貼"ってるんじゃないのよ、適度にテンションかけてます。 作業にあたれる日取りと空模様との兼ね合いがどうしてもあってね、…

民藝売るならブックオフ、老犬買うならブックオフ、嘘見抜くならトゥーティッキ、の話

はい完了。インドの古い真ッ二つブッ壊れちゃんの修理が終わりました。カッコいいでしょ? アルダッロ、アルダッロと、糞味噌に文言を垂れといて未完成じゃ格好つかないもんな。ネックを力学的に固定しましたから、強く張った弦が引き倒す心配もまずありませ…

浮世の波に友を想い、碧き器に我を思う、の話

\ わりと反応あるだろ? / そりゃまあ、あるし、有難いけどもさぁ…X(旧ツイッター)、参加して1ヶ月経ちましたが、やっぱこりゃ危ねぇ装置だわいや、 総勢が日常リポーター役を担い合っているような使命感覚でユーザーを鈍麻させ、 矢継ぎ早の情報量に依…

2024年ご挨拶と今後のサーランピー

うーん…いつか来る被災に怯えつつ、さすがに1月1日に震災というのは近代聞いたことないなぁ、 年神様も初日からお怒りにはなるまい、 と昔から思ってきたけど関係なかった。 2024年元旦は全国おめでとうとは申しづらいスタートになってしまったな。辰年に…

(新年ご挨拶、の前に)

(サーランピーをご覧の皆様、新年明けまして元旦の夜から皆様にとぼけた話題を…と予定していましたが、記事の執筆中に大きな地震のニュースが入ってきました。心配しながら様子をみています。更新しばしお待ちくださいませ。連動して他の地域が揺れるかもし…

(クリスマスのおまけ)

▲▲▲▲▲▲▲▲ ♪ みなさんでうたいましょう ♪ ▲▲▲▲▲▲▲▲恥じ入って剃れよ ハゼ模様に口の中を噛む くさや喰う粗い肥を 墓地に撒けばあんた流ミッフィーばりの邪魔になるよ変異! 緊急です 珍獣です 忿怒カンガルー受注どおり寸法にぴたりドア嵌まる子宮脱 子宮脱 …

平野レミの!!「アルダッロ・ツクーリァ」最終回・涅槃の巻(死に辛)《後編》

【当記事は《前編》から続いています。未読の方はこのリンクをクソック!】 ーーーーーーーー< モノロオグ、モノロオグ… >ーーーーーーーー 偉そうにするの柄じゃなし、悪文を書き連ねるのは格闘だな。 これまでの人生、楽器について度々ご相談を戴き、で…

平野レミの!!「アルダッロ・ツクーリァ」最終回・涅槃の巻(死に辛)《前編》

「 “私の壊れたダムニェンを修理してやるというので任せたらデタラメにされた!” と怒ってる人のブログを読んだことあって…ピースケさん…じゃ…ないですよね?」と尋ねられたことがあります。違う違う、知らない、そんなん俺じゃねえです。 俺が携わるんなら…

💐🌿🌺🌵 近業掬イ 2023/11/19 🐏🐏🐏🍖

去る秋は「あつまれ!えばら」出演依頼をピークとして、「デパートメントH 」10月&11月 @鶯谷、 羊肉の祭典「羊フェスタ2023」@中野…と、 必死必至の鬼クソ多忙な参加イベントあちこち目白押し。 炊事洗濯・整理整頓・家事一般にまるくそ携われなかったおかげ…

『ムサコおもしろ楽器フェス2023』ご来場ありがとうございました

【#あつえば 開催レポート✏️】10月22日(日)「あつまれ!えばら」 パークシティ武蔵小山THE MALLミニステージでは「ムサコおもしろ楽器フェス2023」を開催✨最後には「武蔵小山商店街のうた」をみんなで演奏しました#あつまれえばら #おもしろ楽器 #武蔵小山 p…

10/22(日)「あつまれ!えばら《ムサコおもしろ楽器フェス2023》」会場アクセス

★出演イベント開催に先立ち、会場への赴き方法をここに慌てて説法するものである。えーと、東急目黒線・武蔵小山駅[東口]を出てスグの風景は近年、愛すべきレトロをぶっ壊した果てにチョー近代的な商業ビル「パークシティ武蔵小山 ザ・モール」へと変身を…

10/22(日) まちぐるみイベント『あつまれ!えばら』@武蔵小山 ←に少し出演します

★こどもから大人まで楽しめる! まちぐるみ都市型カルチャーフェスティバル「あつまれ!えばら」開催! ジャンルに富んだクリエイターたちが荏原のお店や施設と作り上げる参加型イベント。パフォーマンス、アート、音楽、食、発明などが組み合わさる魅力的な…

𓆟🌈🍺𓆟𓆟近業掬イ 2023/09/20𓆟🍺🌈𓆟

アルダッロ・ツクーリァの文面、アップ間近でもっかい再編集中。もう少し待ってね。 ふいに新たな詭弁の材料を思い付き、加えることにしました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 仕事が山積みの中、恩師・同級生らと居酒屋。…

(秋にライブ出演の仮お知らせ・詳細は決まり次第)

(事の不思議な巡り合わせってあるものだな… 大きめのローカルイベントのヘンテコ楽器パフォーマンス枠の出演ご依頼を承る運びになり、機材準備に追われています。悩みながら工程を楽しみたいな〜今年中に仕上げて来年あたり動画でも上げよッかな〜と放った…

どうせウンコになるだけよ♪ 平野レミの!!「アルダッロ・ツクーリァ」(3) 鬼の巻(激辛)

民族楽器を無邪気に愛する皆様をいっぺん絶望と因果の淵に突き堕とす連載「アルダッロ・ツクーリァ」論はぼちぼち総括に入る。あまりの放言愚言に、いっぺん憤怒して、再考を経て這い上がれ。煽り役のメッセージの真意を掴み取ってください。やっぱ長いので…

( 6/22:楽器改造は完了してアルダッロの締めの文言を書いてます )

1)理屈だけならどうにでも積み上げられるが、現品を作ってからでないと出来ない話は現品を作ってからでないと出来ない。なので今回の主題・仕上がったばかりの改造品↑↓の写真を先に出して次回予告しておきます。解説文はいま書いてっから後日ね。どの参考…

お待たせ、平野レミの!!「アルダッロ・ツクーリァ」(2) 凝の巻(辛口)

長らく待たせたな… 書く方は大変なんだぞっつの。今回の記事の主旨は「民族音楽を演奏するという行為はなにか?」「民族楽器をどう捉え考えるべきか?」という根源的な問答になります。が、楽しそうな議題とは裏腹に、ご実践の方にとっては身につまされる、…

(更新もうちょっと待ってね、)

(あとイラストをちょこっと描いて撮ってリサイズしてサーバに載っけたら概ね完了です。今回はいつにも増してヤベぇ内容になっぞ。ただいま当方、楽器整備の合間をぬって先週また「デパートメントH」取材に出たり、新規案件の準備をしたりと、ゴールデンもヘ…

𓆟🍄𓆟𓆟🐏近業掬イ 2023/04/25𓆟🌈𓆟𓆟🐏

==================================【04/25】しぶとく生きるのよ アルダッロ・ツクーリァの続きをいま書いたり撮ったりしてますが、 思ったより長尺になるのと、ズバリズバズバ書いて民族楽器の人みんな憤死するといけな…

食べればサランギ!! 平野レミの♪ 家庭で出来ちゃう創作レシピおったて鯛♪「アルダッロ・ツクーリァ」(1) 序の巻

【今度の話題、長くなるので幾回かに分けることにしました。今回は ‘序’ です。】 そりゃ剥がれるわ、部分剥がれを両面テープでどうにか留めようとしている前オーナー。 弦1本のグスレやからどうにかなってたのかしら。 伝統的な木釘留めでもいいけどこれは…

𓆟𓆟🦖𓆟近業掬イ 2023/03/06〜03/31𓆟🦖𓆟𓆟

==================================【03/31】言葉にできないわからない 『 石、嗅ぎ嗅ぎ、嗅っぎ嗅ぎ怪獣、カギカギ 』 =おわり= ==================================【03/17】最近…

『 にこたまかわら はなもぐら 』 ~最上壽之教授を偲ぶ小散策~

二子玉川駅高架下、河川敷のごみ屑・瓦礫だまりで出会った[※]、美しい石礫。きれいに磨いてあげたら、足が生えて、鼻デカもぐら君みたいになった。おニューのズックを履かせてもらったよ。うれしいな。小さな旅に出掛けよう。[※] 河川での石の採取は管理者の…

𓆟𓆟𓆟𓆟近業掬イ 2023/01/25𓆟𓆟🐇𓆟

==================================【01/25】本年度予定を予定どおり遂行中 ====【近況1】同窓新年会 ==== 有難いことに高校時代の同窓生と未だに繋がりがあって、先日は恩師を囲んで渋谷の隠れ居酒屋で新年の…

🐇🐇🐇近業掬イ 2023/01/01〜01/18🐇𓆝🐇

==================================【1/18】‘キモい’ は無学のキャパオーバー、の話さんざんぱらカッ繰り拡げといて何をか謂わむや、 べつに俺、性的な話題ばかりを好むわけじゃないですよ。 含蓄や造詣や理知や機知を伴…

𓆝𓆟𓆝近業掬イ 2022/12/14〜12/25𓆟𓆝𓆟

==================================【12/24-25】いざもろとも行きて拝せよ熊の子を \ ウッぎぐ… ウッぎぐ… / もう、レッパンちゃん氏、今年も楽しいクリスマス到来だというのに何をそんな、 荒野のハードボイルドに渋…

𓆟𓆝𓆝近業掬イ 2022/10/29〜11/30𓆟𓆟𓆝

==================================【11/30】変態こそが世界を拓く、の話 前回記事(↓11/17)のつづき。 …で何?を言わんとしているかというと、コンテンツに埋没しジャンルと自己を同一化し、 自ら浸り溺れるような輩は…

エビの頭の価値もない捏造植物はえまっそ、の話

中でも好きなハエマンサス・デフォルミスの、これは去る春頃のようす。 崩れちゃったのもあるけど本年度はわりあい形良く作れたな。この植物の不思議なことには、花や葉をわざわざクソ寒い年末年始に展開する。 もうじき更新時期につき、ある株など早々に1…

𓆟𓆟𓆟近業掬イ 2022/09/28〜𓆟𓆟𓆝

==================================【09/26】牧羊サスペンス劇場『LAMB』日本公開!レビュー と最近作ってるもの / さいご、おとうさんひつじが、てっぽうバーンって、うっちゃうもーん♪ \ネタバレもヘッタクレも、日…

ざわ・・・ 染め分け見分けワケわからん!白黒つけてよ釧路産!賭博甲殻類「ソメワケウミセミ」ルールルル、の話

予告どおり海のプチ虫について報告をひとつふたつ。 去る2021年夏、次の楽器のデザインにオホーツクヘラムシの実体が必要になり、 海ムシ捕り網を持ってわざわざ北海道は釧路まで赴く取材を敢行しました。 越境自粛呼びかかるコロナ禍にも関わらず、くまお君…




    サ ー ラ ン ギ ー 図 鑑     

★バイオリンは皆さんご存じのあの形状にほぼ定まっています。しかしサーランギーは製作者・時代・地方によって様々な自由形が存在し、今なお進化を続けています。特に弦数や配線は個体によって全くまちまち。これは、先人に学んでこう作らなければならない・本場の本家本元ではこれが正しい・こうでなければ本物の価値が無い、といった固定概念に縛られていないためです。ひとくちに捉えられないそれらをサーランピーでは「サーランギー属」と総称しています。

こうして並べますといかにもアジア諸国調査で得られた現地サンプルに見えますが、なんと殆どが日本国内で発掘されたものです。日本人の技術で修理を施しました。…そう言われると急に萎えますでしょう? みんな興味本位で取り寄せて結局すぐ手放しちゃうからこういうことになるのです。

しかもこの中には当方が捏造したオリジナル楽器をまことしやかにねじ込んであります。果たしてどれが現地の風薫る本家本物のお宝で、どれが世にもいかがわしい贋作か? 鑑定やいかに?…といったこだわりは、どうにでもなることですし、実のところどうでもよろしいことなのかもしれません。



チーペスト号  名古屋の誰だ号  結局ウチに号  

ボロ号  55号  黄泉号

グランピエ号 ジョギヤ 前方後円ジョギヤ 

カリマンタン号 恵さんでしたか号 そそるスリム号 

ドードゥロバナム ドゥカン号 サランガ

サランガ・ペタンコ エレクトリック チカーラー

チカーラー(近代版) サローズ アフガンサリンダ

ネパリ くさっぱら号 さらん弓(さらんきゅう)

サランダ  擦弦仮面 ダルマサンガ サランダ

ディルルバ エスラジ タール シェナイ

エスラマ ベラバハール カマイチャ

ラーヴァナハッタ ペナ エスラール
プールヴィーナ バリアジアン号 サラウドン
ストゥーパ号 ドドバシキメラ





    文 化 へ の 冒 涜 で は ?     


サーランギーの化石(カンブリア期)


いいえ、全く冒涜にはあたりません。サーランギー属は進化を歓迎し、地域毎に異なる展開を許す楽器群です

民族学・民俗学では、創作の混入は許されず、ありのままを正確にサンプリングすることで解明に努め、敬意を払います。つまり研究者はあくまで傍観者、せいぜい中途参加者であって、真の当事者にはなれません。研究者が自ら文化に手を加え、研究対象を自分自身とし、文化の歴史を塗り替える、これが許されるなら何だってやりたい放題になってしまいます。そのため研究者は、専門性・正確性への拘りにばかりにプライドを置き、しかし自分では大した表現が出来ない、融通の効かない方向へと人格形成されがちです。異文化理解を唱える本人が無理解とは皮肉なもの。サーランピーではこの状態を「スウェーデンポルノ女優のスリーサイズを精緻に暗記した童貞」と呼び、陥らぬよう自戒しています。

だども、オラ、この楽器がこの島でどう進化すんだか夢みちょる真ッ当事者の日本民族だで。何をどう作ろうと直そうとオラほの自由だ。オラが村の遊びがまんまこの楽器の進化の歴史になるだ。「インチキ業者」「思い上がるな」「現地の文化に失礼」「1人で騒いでるだけ」とお感じなのは、ひとえに貴方の心が許さないから。なにせその現地をはじめ世界各国からウチ宛てに「サイトを見た。修理はできるか? オリジナル楽器のオーダーは可能か?」と打診が来ます。もちろん断りますよ。てめーでやれっ。もしくはてめーの村の良さでやってみれっ。…そうすることがいつしか文化となるのだから。