◆ 前代未聞の怪研究・珍開発の数々を脱線常習ごちゃ混ぜに発信し続ける、近代稀にみる異常ブログです。世界でここだけの頭おかしい物品、わけのわからない文言多数。 造形作家にして生物学者にして重症ケモナーの要注意人物【川崎ピースケ】が執筆運営しています。クソ色の片思い、キミに、そっと…。
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
研究テーマ:1)インドの多弦胡弓「サーランギー属」、2)水中ダンゴムシのなかま「海産等脚目甲殻類」、3)原材料および愛玩物としての「羊」 などを題材としたデザイン論とその実践、とくに動物型や動物利用の意味について。おおかた閲覧注意です。詳細はこのページの右寄り欄【研究領域】↓にて。
★ 最新クソ2記事をトップページに表示。過去のクソ記事一覧は【アーカイブ】からザックソご覧戴けます。
★ YouTubeなど外部埋め込みがクソ多い記事は、お使いのクソ環境によって読み込みにクソ時間がかかります。クソしてお待ちくださいませ。


ひらけ! 休マルシャンの箱… 魔導師ドナルドvs雌肉デイジーの盛るたるSM黒エロ地獄は非性器雇用でセっセっセーのセのバイト!! マス描く時間が減ルレイザーらもん


f:id:saran-p:20200120165827j:plain

f:id:saran-p:20200120165813j:plain

f:id:saran-p:20200120165818j:plain

f:id:saran-p:20200120165823j:plain


…こんなん本当に弾けるのか? あっはっはっは。

f:id:saran-p:20200120165831j:plain

道具を新たに設計するとき大切なのは、早い段階で立体モデルに起こすこと。
どうにでも足したり壊したりして構わない素材で作り、手遊びしながら確かめ、
「使う」ことに根ざしたエッセンスをきちんと回収することなんだ。

特にこういう “効率的に機能する馬鹿げたもの” を作ろうという時に、
不必要なこだわりを捨てたり、重要なのに忘れてた構造を拾うのにとても役立つ。
綺麗な完成予想図なんぞ描いちゃって、イメージを優先しちゃって、
見た目ありき格好よさ欲しきで押し切るとまるで使えねえ失敗作として返ってくる。

嫌いなんよ、マスプロダクトの世界では欠かせないコミュニケーションだとか何とかってね、
さらっと餅を絵に描いただけで “デザイン” した気になっちゃうの。
大学ん時の手描きレンダリング実習なんか馬鹿だな~馬鹿だな~と渋々描いてました。


よいデザインは絵からではない、手仕事から生まれる! とは柳宗理イズムの受け売りだが、
実際は難しいんだよな、手仕事はみな美しいのかというと決してそうではないし、
柳作品をしてまた陥っている面がある。とびきり美しいが切れないナイフとか、
焦げ付いて焦げ付いてしょうがないステンレス鍋シリーズとかね。
無為に美しい “アノニマスデザイン” 論も昨今おかしな捉えられ方をしているし。

ああ今度その話すっかいや。柳宗理さんには一度だけお目にかかりました。
さすがモノの見方には厳しいけれど、朗らかな先生でいらしたですよ。

f:id:saran-p:20200120165836j:plain

第一こんな無駄なもの柳先生に見せたら叱られること必至。
でも一方で民族民具をお好きで、いい、いい、キザでない、健康的、と仰る。
おかしなことしながらその域に参りたいもんよぞ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



年末年始は母の介護、その準備と後始末に追われて、まるくそ休めませんでした。
明けてからは新たなプロジェクトの始動と、まるくそ休めていません。
皆さんがおせちのごまめを歯の隙に挟み、チョロギを鼻の穴に詰めてニコニコしとる間、
ピースケ大僧正は血の滲むような苦行を乗り越えていたというわけです(千日回峰行)。

f:id:saran-p:20200120165846j:plain

除夜の鐘を聴きながらゆっくり煮っぺと思ってた、茶釜の錆止めをいま慌ててる始末。
耽美グロ血肉SMギャグ盛り沢山コメディホラーヘルレイザーを鑑賞しながらの作業は、
まるで地獄の釜を茹でてる気分。実際、中身は地獄のように真ッドス黒いお湯なのよ。

f:id:saran-p:20200121004709j:plain


▲ナイスご指摘! 確かに本作の特筆は、セノバイト(魔導師)の1人バターボール氏の、
 まるで世界観を無視したやられ方。え? それでいいの?ポカーン… と、
 これくらいドリフに首を傾げさせてくれる展開もない。
 なるほどこうしてホラーをお友達と語らい観るのも一興ですね。


上記の黒い液体は、緑茶です。鉄製の器で濃い目に煮ると黒くなる。
内側を琺瑯コートしてない鉄器は当然錆びますので、日頃から使って沸かすことにより、
水溶性のCa系(=家庭でいう水垢 =鉄瓶でいう湯垢)をわざと貼り付かせてコートしますが、

f:id:saran-p:20200121004724j:plain ◀︎水沢姥口鉄瓶

ちょっと油断して使ってないといつのまにFe2O3がのさばって赤くサっビサビになる。
ったら諦めてリセットよ。鉄ブラシで磨いてから、安い茶葉をたっぷり、お湯満杯にクツクツ煮るの。
するとお茶の苦味と鉄っぽさが合体して、黒紫色の超こびりつき魔導ヘルレイ湯が生まれる。

f:id:saran-p:20200121004718j:plain

結果こりが釜の内面をコートして表面の酸化を止めるそうで、実際止まるんよ。
お湯はぐんぐん煮詰めたものを瓶に保管しておき、釜の外の肌質の黒み補修剤にします。

f:id:saran-p:20200121004713j:plain

数多のアノニマスな鋳物職人が熱気と汗にまみれて積み上げてきた叡智、
メンテありきのロングライフありきの素晴らしい工業デザインだなあ。
レンダリング実習やら焦げ付く柳デザイン鍋がなんだかヘンテコに思えてくる。



そういうわけですから2020年もヒツジ年ということで異存はありませんな。

f:id:saran-p:20200120170559j:plain

干支というのは毎年俺が決めます。
いま締切り間近の論文というか随筆寄り文面を書いててそっちにクソ忙しいから、
今回のブログ文面はいつもより少なめでご勘弁くだちい。

あっ、しかし前回言及したディズニー動物作品の醸すエロティシズムについて、
ご反応くだすってる様子ゆえ、ちょっと補足しておこうか。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



f:id:saran-p:20200120165841j:plain

ドナルドダックとデイジーダックのぬるぬると生々しいカップル感を書きました部分、
古典アニメ作品を例示したけれど、実はもっと相応しい好例があるのを記事では見送ったんだ。
あれは人んちでご馳走になりつつ観せてもらった映像で、典拠を思い出せなくてね。
何だっけかな、ひゃ~エロっエロっとあんなに感心したはずだのにクソ。


話の流れは確かこう↓でした。短い、数分間の作品よ。
うろおぼえの所とはっきり憶えてる箇所がある。

 

 1)ドナルド君、自分にリボンつけて、おお愛しのデイジー、贈り物は僕自身さ、
   何でも命じてくれと言いながらかこつけてセックスに持ち込む気満々
   ( や、ほんと。そんな描写があったから印象に残ってるんだよ )

      ↓↓↓↓

 2)でもデイジ「ちょうどブロック塀が欲しかったから建てて」
   つれない返事で建材を押し付け、当てが外れ渋々応じるドナルド。

      ↓↓↓↓

 3)作業の男前に惚れた別の女がムンムンお色気でドナルドに言い寄り始め、
   あわや寝取られる寸前、慌てて駆け寄るデイジー。
  「悪かったわ許してドナルド。何でもしてあげるから」。

      ↓↓↓↓

 4)デイジーさん精一杯のメス顔で許しを乞うているのだから、
   そこはオスたる者、どうれ…いっちょ来い、の流れになるはずだべ?
   しかしドナルドが命じたのはブロック塀作りでしたというオチ。
   おのれ彼氏め、この私に作らすんかーい(ジャーン暗転アハハ終幕)。


↑だったと記憶しています。総じて性的関係を匂わせるイメージに通底した作品でした。
おい女、酒がカラだぞ持ってこいや、の如きふんぞりラストだった気がする。
あれディズニー作品中どれの何? 知ってるDマニアさん教えてほしけり。


で、それがちっともどうしてエロなのだ?とはこういうこと。
脚本の表面的な狙いは単に〈痛快な意趣返し〉だけでしょうよ、キッズにも解ること。
でも帰りの電車ん中で、ん? まてよ、あっ、うわっ、と気づいて赤面しました。

ドナルドの仕打ちは主従の逆転と駆け引きの悦楽、広義の《SMプレイ》なわけです。
ふだん振り回され、手の平で転がされ、うだつがあがらないぶん、ねちねちと。


       ガサツだな。もたもたしてっとセメンがダマになっぞ。
          これだからお前は。建築の苦痛は究極の快楽…
f:id:saran-p:20200120165850j:plain
  あーんもう堪忍して… 硬くなっちゃう…

日頃つんつん気ィ強いけどアンタ無しには居られない女の弱みを握って支配し、
慣れない力仕事汚れ仕事、ましてウェット&メッシーなモルタル施工などをさせ、
自分はゆったりと一杯やりながら、愛奴に堕ちた女王様の土木的醜態を眺める男…
や、ドナルド、ああ見えてたいしたソドム野郎だぜ、って電車の中で思った。
たかが鳥類と侮るなかれ。

ったく2羽ったら勤務時間外にせっせせっせと何をやっとんすかね。
正規雇用のアヒルのくせに。このぉ、ちょんちょん(ナッジナッジ)。


匂わせる構図をそこまでキャッチできる変態キッズがどんだけ居るんかが問題なんです。
よくあるでしょう、お屋敷の高貴なご令嬢と汚い庭師の禁断の夜とか。
俺は椎名誠のバカ怖SF短編「たどん」を思い出しましたなあ、
面倒なタクシー運転手をからかったら銃で脅されて泥遊びをさせられる話。

なんだったっけかなぁ~あのディズニーアニメ。情報求む!


f:id:saran-p:20200120165854j:plain

いかんいかん、俺は俺で原稿書きがまるくそ終わってねえんだった。
やるべきことやる時間がどんどん無くなるわ、あんまDファンサービスしとっちゃ。









    サ ー ラ ン ギ ー 図 鑑     

★バイオリンは皆さんご存じのあの形状にほぼ定まっています。しかしサーランギーは製作者・時代・地方によって様々な自由形が存在し、今なお進化を続けています。特に弦数や配線は個体によって全くまちまち。これは、先人に学んでこう作らなければならない・本場の本家本元ではこれが正しい・こうでなければ本物の価値が無い、といった固定概念に縛られていないためです。ひとくちに捉えられないそれらをサーランピーでは「サーランギー属」と総称しています。

こうして並べますといかにもアジア諸国調査で得られた現地サンプルに見えますが、なんと殆どが日本国内で発掘されたものです。日本人の技術で修理を施しました。…そう言われると急に萎えますでしょう? みんな興味本位で取り寄せて結局すぐ手放しちゃうからこういうことになるのです。

しかもこの中には当方が捏造したオリジナル楽器をまことしやかにねじ込んであります。果たしてどれが現地の風薫る本家本物のお宝で、どれが世にもいかがわしい贋作か? 鑑定やいかに?…といったこだわりは、どうにでもなることですし、実のところどうでもよろしいことなのかもしれません。



チーペスト号  名古屋の誰だ号  結局ウチに号  

ボロ号  55号  黄泉号

グランピエ号 ジョギヤ 前方後円ジョギヤ 

カリマンタン号 恵さんでしたか号 そそるスリム号 

ドードゥロバナム ドゥカン号 サランガ

サランガ・ペタンコ エレクトリック チカーラー

チカーラー(近代版) サローズ アフガンサリンダ

ネパリ くさっぱら号 さらん弓(さらんきゅう)

サランダ  擦弦仮面 ダルマサンガ サランダ

ディルルバ エスラジ タール シェナイ

エスラマ ベラバハール カマイチャ

ラーヴァナハッタ ペナ エスラール
プールヴィーナ バリアジアン号 サラウドン
ストゥーパ号 ドドバシキメラ





    文 化 へ の 冒 涜 で は ?     


サーランギーの化石(カンブリア期)


いいえ、全く冒涜にはあたりません。サーランギー属は進化を歓迎し、地域毎に異なる展開を許す楽器群です

民族学・民俗学では、創作の混入は許されず、ありのままを正確にサンプリングすることで解明に努め、敬意を払います。つまり研究者はあくまで傍観者、せいぜい中途参加者であって、真の当事者にはなれません。研究者が自ら文化に手を加え、研究対象を自分自身とし、文化の歴史を塗り替える、これが許されるなら何だってやりたい放題になってしまいます。そのため研究者は、専門性・正確性への拘りにばかりにプライドを置き、しかし自分では大した表現が出来ない、融通の効かない方向へと人格形成されがちです。異文化理解を唱える本人が無理解とは皮肉なもの。サーランピーではこの状態を「スウェーデンポルノ女優のスリーサイズを精緻に暗記した童貞」と呼び、陥らぬよう自戒しています。

だども、オラ、この楽器がこの島でどう進化すんだか夢みちょる真ッ当事者の日本民族だで。何をどう作ろうと直そうとオラほの自由だ。オラが村の遊びがまんまこの楽器の進化の歴史になるだ。「インチキ業者」「思い上がるな」「現地の文化に失礼」「1人で騒いでるだけ」とお感じなのは、ひとえに貴方の心が許さないから。なにせその現地をはじめ世界各国からウチ宛てに「サイトを見た。修理はできるか? オリジナル楽器のオーダーは可能か?」と打診が来ます。もちろん断りますよ。てめーでやれっ。もしくはてめーの村の良さでやってみれっ。…そうすることがいつしか文化となるのだから。